KUDAN Project「くだんの件」

2016/11/05(土)-6(日)
三重県文化会館 小ホール
高校生¥1,500 演劇教室¥750
[チケットを申込む]

夏のある日、一人の男の元に、ここでクダンを飼っていたという男が現れる。 二人の謎めいた過去を巡り、物語は捩れ、迷走し、 《夏》のイメージを明滅させながら分裂と増殖を繰り返す。 半人半獣の怪物「件(くだん)」伝説に想を得、 天野天街が初の二人芝居として書き下ろして『くだんの件』。
アジア演劇界に衝撃を与えた傑作が、この秋、ついに復活!

《くだんの事》
「件」と書いて「くだん」と読む。「件の如し」などと言う時の、あの「くだん」である。「くだん」とは元来「くだり」の訛ったものであるが、中国地方の山間部に伝わる話では、クダンとは身体が牛、頭が人で、牛から産まれる。出生の直後に戦争や飢餓等に関する予言を残して、間もなく死ぬ。そしてその予言は的中すると信じられている。太平洋戦争末期にもクダンが現れ、戦争の終結が近いことを告げたと言う。クダンに取材した文学作品としては、内田百聞『件』、小松左京『くだんのはは』がある。

[作・演出]

天野天街

[出演]

小熊ヒデジ
寺十吾

[日程]

11/5(土)14:00
11/5(土)19:00
11/6(日)14:00

[会場]

三重県文化会館 小ホール

[料金]

一般 前売3,000円(当日3,500円)
25歳以下 前売2,000円(当日2,500円)
高校生以下 前売・当日共1,500円

[詳細]

三重県文化会館WEB

0 コメント :