青年団第80回公演「ソウル市民」「ソウル市民1919」

2018/12/1(土)・2(日)
三重県文化会館 小ホール
各回 高校生¥1,500 演劇教室¥750
セット券 高校生¥2,000 演劇教室¥1,000
※セット券は同日の2公演をご覧いただけます。
[チケットを申込む]

人が人を支配するとは、どういうことなのか。
日本の植民地支配下に生きるソウルの日本人一家を通して、植民地支配者の本質を明晰確固と描き、現代口語演劇の出発点となった平田オリザの代表作。

『ソウル市民』
(1989年初演)上演時間=約90分
1909年、夏。日本による韓国の植民地化、いわゆる「日韓併合」を翌年に控えたソウル(当時の呼び名は漢城)で文房具店を経営する篠崎家の一日が淡々と描かれる。押し寄せる植民地支配の緊張とは一見無関係な時間が流れていく中で、運命を甘受する「悪意なき市民たちの罪」が浮き彫りにされる。

『ソウル市民1919』
(2000年初演)上演時間=約110分
1919年3月1日、ソウル(当時の呼び名は京城)。篠崎家の人々は、今日も平凡な一日を過ごしている。ただ、今日は少しだけ外が騒がしい。噂では朝鮮人たちが通りにあふれているという。三・一独立運動を背景に、応接間で唄い、笑い合う支配者日本人の「滑稽な孤独」を鮮明に描いた、渾身のシリーズ第二弾。

[作]

平田オリザ

[演出]

平田オリザ

[出演]

山内健司
松田弘子
永井秀樹
たむらみずほ
天明留理子
秋山建一
木崎友紀子
兵藤公美
島田曜蔵※
太田 宏 
申 瑞季
田原礼子
大竹 直
村井まどか
山本雅幸
荻野友里
石松太一
井上みなみ
菊池佳南※
富田真喜
※=『ソウル市民1919』のみ出演

[日程]

12/1(土)14:00 「ソウル市民」
12/1(土)18:00 「ソウル市民1919」
12/2(日)14:00 「ソウル市民」
12/2(日)18:00 「ソウル市民1919」

[会場]

三重県文化会館 小ホール

[料金]

一般 3,000円  25歳以下1,500円
セット券 一般5,000円 25歳以下2,000円

[詳細]

三重県文化会館WEB

劇団こふく劇場第15回公演「ただいま」

2018/09/15(土)-16(日)
三重家文化会館小ホール
高校生¥1,000 演劇教室¥500
7月7日(土)発売
[チケットを申込む]

宮崎を拠点に活動する劇団こふく劇場。
劇団25周年作品を再演。

[作・演出]

永山智行

[出演]

あべゆう
かみもと千春
濵砂崇浩
大迫紗佑里(以上、劇団こふく劇場)
中村幸(劇団ヒロシ軍)

[日程]

09/15(土)14:00★終演後トークあり ゲスト:本坊由華子(世界劇団)
09/16(日)13:00

[会場]

三重県文化会館小ホール

[料金]

整理番号付き自由席 一般2,500円(当日3,000円) U25割1,000円
やさい割(前売のみ)2,000円 ペア割(前売のみ)4,000円

[詳細]

三重県文化会館WEB

[関連企画]

永山智行戯曲講座&リーディング上演
「せりふ」書いてみる?そして上演してもらっちゃう?
・戯曲講座
講師:永山智行(作・演出)
08/18(土)14:00~18:00 
三重県生涯学習センター 3F 調査研究室(三重県総合文化センター内)
【申込締切】8/5(日)必着 ※申込者多数の場合、抽選

・リーディング上演
戯曲講座参加者が執筆した作品を永山智行演出、こふく劇場の俳優が出演して上演します!
09/12(水)19:00開演
三重県文化会館小ホール
入場無料※予約不要

[詳細]
三重県文化会館WEB

水素74%「ロマン」

2018/8/25(土)-26(日)
三重県文化会館 小ホール
25歳以下¥1,000 演劇教室¥500
[チケットを申込む]


登場するのは極端でヘンな人ばかり?

共感度0%なのに見ずにはいられない、

注目の劇団が三重初登場。

今回は結婚についての話。

人生の伴侶的な関係を得るには

結婚しかないのか?

同性の友だちや、お気に入りのモノとだって

添い遂げられたらいいのに。

[作]

田川啓介

[演出]

田川啓介

[出演]

浅井浩介
飯田一期
遠藤留奈(THE SHAMPOO HAT)
折原アキラ(青年団)
日高ボブ美(ロ字ック)
前原瑞樹(青年団)
用松亮
安川まり
黒沢あすか

[日程]

8/25(土)14:00
8/26(日)14:00

[会場]

三重県文化会館 小ホール

[料金]

一般 2,000円  25歳以下 1,000円
*当日券は各500円増

[詳細]

三重県文化会館

東京デスロック+第12言語演劇スタジオ「가모메 カルメギ」

2018/7/13(金)-15(日)
三重県文化会館 小ホール
25歳以下¥1,500 演劇教室¥750
[チケットを申込む]



韓国内で最も歴史と権威のある東亜演劇賞において作品賞、演出賞、視聴覚デザイン賞を受賞した日韓共同制作作品、『가모메 カルメギ』を4年ぶりに再演!チェーホフ「かもめ」を日韓の歴史という今日複雑かつ繊細な設定に翻案し、日韓俳優共演により上演いたします。
※日韓二ヶ国語上演/日本語字幕付き

[原作]

アントン・チェーホフ『かもめ』

[脚本・演出協力]

ソン・ギウン

[演出]

多田淳之介

[出演]

夏目慎也 
佐山和泉 
佐藤誠 
間野律子 
ソン・ヨジン 
イ・ユンジェ 
クォン・テッキ 
オ・ミンジョン 
マ・ドゥヨン 
チェ・ソヨン 
チョン・スジ 
イ・ガンウク 

[日程]

7/13(金)18:00
7/14(土)14:00
7/15(日)14:00

[会場]

三重県文化会館 小ホール

[料金]

一般 3,000円  25歳以下 1,500円

[詳細]

三重県文化会館WEB

ミエ・ユース演劇ラボ2018・FUKAIPRODUCE羽衣 MPRODUCEころもろはごたえ「よるべナイター」

2018/03/17(土)-18(日)
三重県文化会館 小ホール
高校生¥500
演劇教室対象外

FUKAIPRODUCE羽衣×ミエ・ユース演劇ラボから生まれた一度限りの劇団MPRODUCEころもろはごたえ。人間のありふれたあれこれを、ありふれない人間力で表現する“妙―ジカル”(=妙なミュージカル)をオーディションで出会った高校生~25歳までの若者12名が、今回限りの全力でお届けします。

[演出]

深井順子

[作・音楽]

糸井幸之介

[メンバー]

大谷 唯人(南山大学演劇部「HI-SECO」企画)
小林 玉季
杉野 萌(劇団アディスト)
スコット シェイ 亜久莉
田上 顕人
谷岡 千晶
夏梅 萌都
名張 瑞穂
朴 海美(愛知淑徳大学演劇研究会「月とカニ」)
林 知幸(ゲボゲボ/試験管ベビー)
福崎 里彩
堀越 千晶(劇団「劇団ごっこ」)
山本 小蒔

[ファシリテーター]

演出:深井順子
作・音楽:糸井幸之介
出演:澤田慎司 岡本陽介
照明:松本永(eimatsumoto Co.Ltd.)
音響:佐藤こうじ(Sugar Sound)
制作:坂田厚子

[日程]

03/17(土)・18(日)各日14:00

[会場]

三重県文化会館小ホール

[料金]

整理番号付き自由席 一般1,000円 高校生以下500円

[詳細]

劇団WEB
三重県文化会館WEB

ハイバイ「ヒッキー・ソトニデテミターノ」

2018/3/3(土)-4(日)
三重県文化会館 小ホール
25歳以下¥1,500 演劇教室¥750
[チケットを申込む]


 生きることと死ぬことの近似値に迫るビターな傑作。
岩井秀人主演で満を持して再演。

《あらすじ》
引きこもり生活からひとまずは脱出した登美男は、
「出張お姉さん」の黒木と共に、現在引きこもりの人々に会いに行っている。
そこで出会った、二人の引きこもり。
暴力をもって親に接しているが、そこに他人が現れた瞬間、
出来すぎなほどの社会性を発揮する、二十歳の太郎。
「もし道端で他人に道を聞かれたらどういった態度で、
どう返答すればいいのか、その答えを探している」と、
四十を過ぎて年金生活の父に養わせている和夫。
なんとかその二人を、引きこもりを外に出すための前段階としての「寮」に住まわせることに成功し、
登美男はかつての引きこもり経験を元に、二人と打ち解けていくのだが...。

 

[作・演出]

岩井秀人


[出演]

岩井秀人
平原テツ
田村健太郎
チャン・リーメイ
能島瑞穂
高橋周平
藤谷理子
猪股俊明
古舘寛治

[日程]

3/3(土)14:00、18:00★岩井秀人によるトーク有
3/4(日)14:00

[会場]

三重県文化会館 小ホール

[料金]

一般 3,000円  25歳以下 1,500円

[詳細]

三重県文化会館